まちとつながりとハッピーの会

八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」さんと、八尾市人権文化ふれあい部コミュニティ政策推進課さんが主催の八尾市制施行70周年記念事業「まちとつながりとハッピーの会」にいってきました!

 

八尾市は元気で楽しい街、だからお祭りだー!

出展者さんやステージに立つのは、市民活動や、趣味活動、とにかく八尾市でバリバリご活動している方々。
普段の活動内容に関係有無問わず、来場者さんに喜んでもらおうとにぎやかな出し物が盛りだくさん、ステージもフラダンスや詩吟、居合い、コーラス、体操、歌とダンス、紙芝居、などなど!
姉妹団体のエイトテールで参加していた5階のフロアだけでも様々なショップやワークが並んでいました! 
 


 

おそるべし和太鼓、かっこよすぎるこどもたち

さまざまな出し物の中でも、室内に響く強烈な和太鼓の音色は
心臓の奥底までビンビンに届くよっこよさで痺れました!

こどもの和太鼓だとナメてはいられない、ピリッとした空気感と息をするのも烏滸がましい様な神々しさは本当に日本の美で、八尾市内だけでなく、大阪市のお祭りや老人ホームはもちろん、外国人のためにホテルのロピーで披露してほしい等も依頼があるそうです!
 
いや、まじハンパなかったからね。
 
 

ありがとう!ありがとう、ひゅ~ペン!!

平成29年9月9日(土)にあった「やおマスコットキャラクター選挙in八尾河内音頭まつり!
に登場していたひたすら癒し系のひゅーペンが遊びに来ていました!
 
こどもたちに囲まれる姿は一層癒されていましたが、ひゅーペンが人権のマスコットだと知って「な、なんやて!?」とびっくりしながら、ゆるーっとした気持ちで寸劇を見てたら、ちょっと深イイ話過ぎて感慨深い気持ちになりました。
 
やだやだってなんでも否定し続けてたら、いつか誰も助けてくれないよ
 
という非常にリアルなお話で、ひゅーペンのまっすぐな瞳に心が洗われるようでした。

そうか、きみの胸にあるそのお花は「ナンバーワンじゃなくてオンリーワン」なんだね。
まぁ違うのかもしれないけれど。いや、たぶん、きっと、そう。
 
ありがとう、ひゅーペン。
 
 

というわけで。

やっぱり八尾には面白い人が多いし、元気な人が多いなと思いました!
 
ステージでU.S.Aが流れ出したら、こどもたちどころか大人まで集まってみんなでカーモンベイビー♪しながら腕と足をピョンピョンさせるノリの良さ。
 
八尾市、大好きです♡
 
written by.mari